電子タバコって何がいい?電子タバコを利用することのメリット

様々なフレーバーを楽しめる

紙の煙草の場合は1本吸ってみて好みの味ではなかった場合でも、1箱吸い終わるまでは別の味を楽しめません。しかし、電子タバコの場合はリキッドを付け替えるだけで、様々なフレーバーを楽しむことができます。電子タバコのフレーバーは豊富にあるため、気分によって違うフレーバーを楽しむということが可能です。自分の気分に合わせたリキッド選びができるだけでなく、同じ空間にいる人の好みに合わせてリキッドを付け替えることもできます。例えば普段はミント系のリキッドを使っていても、同じ空間にいる人が柑橘系が好きな場合は柑橘系のリキッドを使用することが可能です。そうすることで周りの人に不快感を与えずに電子タバコを楽しむことができるでしょう。

電子タバコは禁煙に成功しやすい

紙の煙草を吸っている人が禁煙をしようとしても、すぐに失敗してしまうことは珍しくありません。これは日常的に煙草を吸っていた人が煙草を吸う動作を失うので、物足りなさを感じて煙草が欲しくなることが原因だと考えられます。電子タバコは煙草を吸っているような感覚を味わえるというメリットがあります。電子タバコを利用することで煙草を吸っている動作を失わずに済むので、禁煙に成功しやすいでしょう。ニコチンの入っていない電子タバコを使っていれば、ニコチン中毒になることもありません。

受動喫煙のリスクが低い

電子タバコにはニコチンやタールが含まれていないので、タバコ特有の嫌なニオイが出ないというメリットがあります。また電子タバコから出る煙は水蒸気なので、周囲にいる人への受動喫煙のリスクも軽減できるというメリットが得られます。

禁煙に挑戦する際のvapeのおすすめは、好みのフレーバータイプのリキッドを選ぶことです。吸い応えや口寂しさ解消に加え、挑戦持続の点で、やはり好みのものの方が効果的かもしれません。