内祝いを贈る前に知っておきたい!カタログギフトのデメリットとメリット

カタログギフトの特徴

結婚や出産などでお祝いをいただいたときには、内祝いとしてお返しを贈るのがマナーとなっています。でも、年の離れた相手や自分とはタイプが違う相手へ贈る場合「どんなものを贈ったら相手に喜ばれるかよく分からない」という人も少なくないのではないでしょうか。そんなときに便利なのが、受け取る人が自分の好みに合ったものを選ぶことができるカタログギフトです。

カタログギフトのデメリット

内祝いでカタログギフトを贈られた人は、掲載されている品物の中から欲しい物や自分の好みの物を選び、届けられるよう自分で申し込みをします。しかし、そんなシステムに対して味気なく感じたり、贈る側が手抜きをしているように思ったりする人もいるようです。また安いカタログの場合には、貰った人が欲しいと思うような物がなかったりすることも。そのほか、単純に自分で申し込みをしなくてはならないことを面倒に感じる人もいます。このような場合、あまり喜ばれないのがデメリットです。

カタログギフトのメリット

デメリットがある一方で、カタログギフトには多くのメリットもあります。自分で申し込む手間がかかったとしても、カタログがその人のライフスタイルや好みに合ったものであれば、喜ばれることも少なくありません。どれにしようか、とアレコレ考えながらカタログを見て選ぶのも楽しいものでしょう。一方、内祝いを贈る側にとっては、品物選びに悩まなくて済むのが良いところです。内祝いに相応しい品物が掲載されている、予算に合ったカタログギフトを手配するだけでいいので、忙しい時期でも手間がかかりません。

結婚した時や、子供が産まれたりすると、親戚や友人にお祝いをいただきますよね。そのお祝いのお返しのことを内祝いと言います。一般的には、いただいたお祝いの金額の3~5割の物を贈ります。