選び方とかある?機械式時計の特徴の違いと選び方

機械式時計ならではの魅力

クオーツ式と機械式の腕時計は、一見するとどちらも同じように感じられますが、それぞれに独自の魅力があります。機械式時計の大きな魅力として挙げられるのが内部構造です。機械式時計はクオーツ式のような電池ではなくゼンマイで作動する仕組みになっています。いくつもの細かいパーツを職人が一つひとつ手作業で組み合わせて作られた機械式時計は、同じブランドでも全てが1点ものです。大量生産されているデジタル時計にはない機械式ならではの良さと言えます。

面倒な巻き作業がいらない自動式

機械式時計のムーブメントは自動式と手巻き式の2つの種類があります。自動式とは文字通り振り子の原理を利用してゼンマイを巻き上げるのが特徴です。身に付けておけば日常生活で手を動かしていれば自然とゼンマイが巻かれるので時計が止まってしまうような心配はありません。ただし、何日も使わずに放置したり、パソコンによる入力作業など座っている仕事をしているとゼンマイが切れてしまうので注意が必要です。万が一時計が止まってしまった時は、本体の横に付いているリューズを回すことでチャージができます。自動式は機械時計を使いたいけれど、ゼンマイを巻く作業が煩わしいと感じる人に最適です。

デザインにこだわりを持ちたい人向けの手巻き式

前述した自動巻き時計とは対照的に、定期的に自分でゼンマイを巻かなくてはいけないのが手巻き式になります。巻き具合にもよりますが、フルチャージでも数日程度で止まってしまうので注意が必要です。忙しい日常生活の中で面倒に感じるかもしれませんが、こだわり派の人はこれらの作業も機械式の魅力と捉えて楽しんでいます。手巻き式は自動巻きに比べてパーツの組み合わせが複雑なので、デザインを重視する人向きです。

オーデマピゲは創業当時から創業者一族による家族経営が続いています。この経営体制が続いているということは、一度も買収をされたことがなく会社を続けられているということです。