何を選べば喜ばれるの?内祝いギフトの選び方

相手の趣味や嗜好に合わせたもの

内祝いのギフトを選ぶ際には、引き出物やほかの贈り物と同じように、相手が喜ぶものを送ることが基本となります。そのため、まずは相手の趣味や嗜好に合わせたものを選ぶとよいでしょう。相手の趣味と嗜好に合致するもので、値段がそこまで高くなく、かつ安すぎないものが望ましいです。価格が相場よりも離れすぎていると、相手に対して失礼に当たることもあるので注意が必要です。ただし、贈り物としては縁起が悪いものを相手が好んでいる場合は、さける方が良いでしょう。

ごく親しい身内には写真

内祝いは、結婚や出産などで送るものです。これらのお祝いのギフトでカップルの写真や生まれた赤ちゃんの写真入りの贈り物を送る人もいますが、このようなギフトを送る相手はしっかりと選ぶことが必要となります。あまり親しくない相手に対して、写真入りのギフトを送ってしまうと、贈られた相手が扱いに困ってしまうこともあります。写真入りの内祝いはごく親しい身内に限って贈るとよいでしょう。

迷ったならば消えものを

相手の趣味や嗜好をうまく把握していないという場合には、何を送ってよいのか迷ってしまうでしょう。そのような場合には、カタログギフトを活用するという方法もあります。しかし、めぼしいカタログギフトがない場合には、消えものを選ぶとよいとされています。食べてなくなってしまうようなものの方が相手も困りません。なお、足が速いものは避けるとよいです。届いてすぐに食べなければ悪くなってしまうものは失礼にあたります。賞味期限は少なくとも数か月あるものが望ましいです。

内祝いとは結婚や出産のお祝い、また怪我や病気などでお見舞いを頂いた方へのお返しのことです。また、自ら祝う自祝いの意味もあり、お祝いを頂いた有無に関わらず祝い品をお配りすることもあります。