データのまま眠らせないで!記念写真の活用方法

写真を形にして残すには

スマートフォンやデジタルカメラなど、様々な方法で写真を撮る機会があるかと思います。大切な友人との写真、家族との写真、恋人との写真…。デジタルデータとして残しておくだけでは勿体ありません。せっかくの思い出の写真です。常に見返せるように形に残してみませんか?

一般的には、写真データを印刷しアルバムなどに保存する方法を想像するかもしれません。しかし、写真が膨大過ぎてすべてをプリントしきれなかったり、アルバムの置き場がなかったりと悩んでしまう部分も多いと思います。そんなとき、ただ写真をプリントするのではなく、フォトブックにする方法があります。写真を厳選し一冊の本としてまとめられるため、かさばらず見返しやすいです。

オリジナルフォトブックを作ってみよう

本にするのは大変そう…と感じるかもしれませんが、心配はありません。現在、いくつもの会社でフォトブックの作成サービスが提供されています。そしてそのほとんどが写真選びから注文まで、インターネットで完結できるのです。表紙のデザインやテンプレートも多く、無料で使えるものが多いです。写真選びや編集画面も、簡単に操作できるようになっているため、初心者の方でも安心して利用することが可能です。

プリントし一枚ずつ貼り付けていた写真アルバムと比べて、フォトブックはシーン別、季節別で作り分けることが可能です。データはネット上に保存されているため、後から再編集することも、再注文することも簡単です。冊数を増やして注文し、自分以外の人にプレゼントすることも可能です。

スマホやデジタルカメラで撮った写真を現像し、アルバムにするのは時間も手間もかかります。フォトブックなら、入れたい画像を選ぶと自動でアルバムが作成でき、そのまま製本されます。